2015.10.06 (Tue)

東京ザナドゥ プレイ記②

東京ザナドゥ プレイ記その②です。
前のプレイ記読み返してみたらキャラの名前を苗字でさん付けってなんか変だなと思い直した次第です(笑)。
続きから6話までです。
【More・・・】


◯5話
ずっと謎めいた存在っぽく見せていたミツキがメインとなる話…と思いきや、メインはアスカでした。
肝心なところで主人公を頼りにはしないアスカが敵の術中にはまり、囚われの身となります。
そうなってしまったきっかけとしてはグリムグリードと呼ばれる今までの怪異とは比べ物にならない存在があったから。
グリムグリードと相対すれば主人公たちの命が危ない。自分はあくまでグリード退治をするエージェントなのだからと先走ってしまいます。
結果としては主人公たちがお前の心配されるほど弱くないしもっと頼れよ仲間だろ!
と示してアスカの頑なな気持ちも氷解することに。
…アスカが肩を怪我して膝をつくシーン、絶対ここだと思ったのですが違いました。
すごく強い敵に囚われていたにしてはアスカもけっこうぴんぴんしてました。
アスカの過去は想像した通りでした。

◯幕間
仲間と一緒に車で40分ほどの温泉に向かう話。
てっきりサービス回というか、ストーリーに絡む要素あまりないキャラの話かな、好感度とか上げなきゃかなと思ったら全然違いました(笑)。
5話でちょこっと出てくるまで忘れていましたが門脇さんボイスの謎の少女が出てきて力試しされました。
この女の子、目の色綺麗ですよねー。青と赤のグラデーション。
PSvitaすごいなぁと思います。
とりあえず主人公を部長として異界関連の事件にあたる部活を立ち上げるようです。

◯6話
待ちわびたリオンがメインのお話。
リオンの設定が想像を超えていてこれは面白い!と思いました。
しかし天使とは…。
自分の力以上のものを背負い、それに苦しむというのはなんというか好きです。
(って言うとなんだか変態のようですが)
ライブ終了後にやりきって倒れるくらいでもいいと思います。


現在、7話をプレイ中ですが、今のところだいたいは想像の範囲内という印象です。
良い意味で裏切ってもらいたいと思っています。
スポンサーサイト
20:24  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/514-549f504d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |