2015.09.23 (Wed)

「心が叫びたがってるんだ」感想

心が叫びたがってるんだ 見てきました。
個人的には好きですが、無理やり連れて行った友達の反応が気になる、評価が分かれそうな作品だなぁと思いました。

ネタバレありは続きからです。
【More・・・】


まず、小ネタ。随所に散りばめられたあの花関連のものにニヤリとしてしまいました。
小坊主の立て看板とか、あなるの持ってたウサギのぬいぐるみのストラップとか。

全体の話としては「この先はどうなっちゃうんだろう…?」と気になって先の展開を見守った感じです。
途中で主人公が情緒不安定すぎてはらはらどぎまぎしましたが(笑)。いくらなんでもみんなで作り上げてきたミュージカルの本番になってどろんするとか…。例えば、歌うことすらできなくなって、周りが心配するという展開だったら気持ち的にすんなり見られたかもしれません。でも、途中から歌いながら入場するシーンはかっこよかった…!
まとめると坂上という主人公の理解者ポジションの男子がよくまぁできた人間でした(笑)。そもそも呪い云々言い始めたらそいつのことの方を心配しちゃって信じるのは難しいと思うのですが。それを信じちゃうのが坂上。

ただ、ちょっと坂上は出来すぎかなと思います。もう一人の野球部エースで怪我をしてやさぐれている田崎の方が感情移入できるかも。
ラストの田崎の行動は賛否分かれる気がします。匂わす程度でも良かったかも。でも、新しい風が吹いて良かったとも言えるかも。

仁藤さんはあれだけ周りに振り回されつつも頑張ったんだから思わせぶりな行動も許しちゃうなぁと思いました。葛藤がある意味感情移入しやすいかも。

この面子を選んだ担任の先生は基本的に投げっぱなしで見守るスタンスですが、きっと日頃から生徒との信頼関係が築かれているんだろうなという印象でした。だから委員もくじ引きで決めた、とかじゃなくて決めてあるからと言ったのかなと。
田崎は行事の中心になった方がいい雰囲気を作るだろうし、坂上は音楽関係いけるだろうし、仁藤はまとめ役にいることで変な方向には持っていかないだろうし、成瀬はこれを機にみんなととけあってくれたらと、そんな思いでの選出だった…なんて考えすぎでしょうか。

この作品で印象に残ったのは
・人にはそれぞれ才能があるからそれを知ろうとすることも大切。
・誰しも言おうとして、でも、口をつぐんでしまうことがある。
・本当の気持ち、言葉の大切さ。
・通じ合える友達や恋人に出会える奇跡。
・乃木坂の歌は歌詞含めて素晴らしくマッチしていた。

かなーと思います。
週末はARIA公開ですね。楽しみです。
デジモンアドベンチャーtriの前売券はいつはじまるのでしょうか…。
スポンサーサイト
16:58  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/510-6da2bed9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |