--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.09.18 (Fri)

テイルズオブゼスティリアの話〜小説版を読んでみた〜

※ちょびっとネタバレ含まれますので閲覧ご注意ください。

テイルズオブゼスティリア…私はすごく好きなのですが、評価がイマイチ。
原因の1つにヒロインだと思われていた子がスポット参戦のポジションだったということが挙げられるそうです。
確かに声優さん的にもビジュアル的にも期待していた人は多かったと思います。
代わってサブ主人公並に出てきたのがロゼというキャラ。
私はシンフォニアのしいなみたいなポジションなのかなーと思っていました。が、私にとってはいい意味で裏切られました。
主人公と同じくらいのすごい能力を持っているという設定だったんです。
そして、裏の顔は暗殺者。
惜しむらくは天族が見えるほどの力を抑えていたものが心の傷とかそういうエピソードのあるものじゃなかったところ。
というより、ゼスティリアは全体的にキャラエピソードの掘り下げが甘い気がします。
アビスにしてもシンフォニアにしても各キャラが本当に生き生きと、深く描かれていたと思います。

本筋も少し荒いのが残念。
なんで最終決戦で死ぬはずのやつが死ななかったのかとか、人を殺しても穢れない理由だとか。
その点を丁寧に描いているのは小説版かなぁと思います。
今、上で挙げた2点がしっくりくる感じに書かれています。

何が言いたいかというと…。
1、ゲーム版のゼスティリアがだめだと思った人は是非、小説版も読んでみてください。
2、みんなのエピソードを深掘りしてリメイクしてください…バンナムさん。。
ってことです!

一個人の意見なので合わないなぁと思う場合はスルーしてくださいね。
スポンサーサイト
18:14  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/506-cca2f82c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。