2007.06.02 (Sat)

SS『車輪の歌』

今日は朝からバイトでへろへろです(汗)
えー…ゆーな祭り!延長戦、ということで…
今日も裕奈SSあげまっす!!
昨日は甘い(?)のをあげましたが…今日のはどうなんだろう(笑)

今日は裕奈とあの人ですww

続きからどうぞ~
【More・・・】




夕日さす川原、そこにピンクの髪の少女がひざを抱えて座っている

はぁ、とため息をこぼして、またぼーっと川を眺めながら
今日のことを振り返る


「子供っぽい」


―私、そんなに子供っぽいかな…

悩む、
悩んだってかわらないことを知ってはいるけれど
しかし、悩まずにいられなかった

ひざを抱える少女の後ろから近づく少女が一人


そんなある日の夕方―




『車輪の歌』




「まき絵っ!」

「え?」
まき絵は名前を呼ばれて振り返った
そこには、親友の裕奈が立っている

「こんなところでどうしたの??」

「うん、ちょっとね…」

いつものような元気がないまき絵に裕奈が頭に疑問符を飛ばす


「ん?どうしたの?」

なんだか裕奈に話してみようという気になってまき絵は話を切り出した







「え?そんなこと?」
全てを聞き終わって、裕奈が言った
その言葉にまき絵が固まる


「ちょっと、そんな言い方ないよー
演技が子供っぽい、なんて…私にとってすごく傷ついた言葉なんだから」
まき絵が半泣きになる



「ごめんごめん、でもね、
子供っぽくてもいいじゃん


…私たち、子供なんだし!」
裕奈が真顔で言う

「へ?」

きょとんとしてまたもやまき絵が固まる


「私はまき絵の演技が好きだよ?
それに、自分らしく、演技すればいいんじゃないかな?」
「…」


「ねっ?」
「う、うん」

裕奈の笑顔に押される形になって、まき絵がうなづいた



「さて…と…
みんな待ってるよ、帰ろうか」
裕奈が立ち上がって少し躊躇したあとまき絵に手のひらを差し出した

「?」

最初意味がわからなくてきょとん

でも、そのままの姿勢で固まっている裕奈の顔が赤いのがわかって

「ふふふ…」
笑って手をとった


「笑わないでよ」
「ごめんごめん」

歩き出す
まだ浮かない表情をしているまき絵の様子を見て裕奈が足を止める

「裕奈?」
まき絵が裕奈の顔をうかがうと裕奈はいたずらを考えた時のような顔をして笑っていた

「あのさ、行きたいところがあるんだけどさ!!」

「え?」
ぐいとつないだ手を引っ張られ、まき絵が裕奈についていく
「ちょっと、ゆーな!」





しばらくして、少し古ぼけた自転車が電信柱に立てかけてあるのをみて裕奈が止まる


「じゃーん!こちらはゆーな3号になります!」
裕奈が自転車をさして言った

「3号!?」
まき絵が応える

「3号って…1号は?」
「私」
裕奈が自分を指差す

「…2号は?」
「……」
意味ありげな視線をまき絵に送った後、裕奈はにかっと笑う



「…まぁ、いいじゃーん!さぁ、乗った乗った!」

「気になるよっ!
…って乗るの?」

うん、といって裕奈が自転車にまたがって後ろの席をぽんぽんとたたく


「早く早く!」
「わかったよ~…」

まき絵がしぶしぶ乗って自転車は少しぐらぐらしながら動き出す



きしむ車輪



乗ったあとに、まき絵は裕奈が私服であることに気づいた
学校帰りなら制服のはず…

―もしかして、探しに来てくれたのかな…―

なんてうぬぼれてみたり

胸の奥が暖かくなるのを感じて、裕奈の腰に回した手に少しだけ力をこめる






自転車は上り坂にさしかかる
「くぅ…」
裕奈はがんばって立ちこぎ、
しかしなかなか進まず、自転車は蛇行する


「裕奈、私降りるからいいよ!」
「いいよ、乗ってなって!バスケ部がこんなところで負けられるかーー!!」

裕奈はさらに力をこめてこぐが、うまくいかない



「もうっ」



まき絵は自転車を飛び降りると後ろについて押し始めた

「わっ!?まき絵!?
…助かるっ!」

2人は力を合わせて坂を上る






自転車が坂の頂上につくと、まき絵の腕にかかっていた力が一気に抜ける

「はぁ、はぁ…」
まき絵は膝に手をやり、息をつく

「もう、こんなところに何があるの、ゆーな…」


「…まき絵」
「ん?」
まき絵が裕奈の声に顔を上げる



そこには、あたり一面に広がる、赤

…赤のみが支配した世界
その中心で、優しい目をして立っている裕奈がいる


きれいだな、そう思う一方で

夕日が裕奈を連れてっていってしまうんじゃないかと
裕奈が夕日にとけていってしまうんじゃないかと

…子供みたいな考えがまき絵の中に浮かんで

まき絵は裕奈の手を握った



「…どうしたの?」

先ほどとは違って照れもせず、優しい声色で応じる裕奈

「…なんでもないよ」
まき絵はそう呟いてうつむいて、勢いよく顔を上げた

「ゆーなが見せたかったのは、この夕日だね、きれい…」

「うん」


しばらく見つめて、裕奈が切り出した



「そろそろ…帰ろうか」
「…うん」







影を1つのばす茜さす帰り道、
ぼろぼろ自転車がきしみながら二人を運んでいく




















SS2作目、裕まきでお送りしました!

今まで裕アキも裕亜子も書いたことありますが、実はまき絵は書いたことない、ということに今更気づきました

…甘め…??


題名はBUMPの『車輪の歌』をモロです。
BUMPはすごく好きで、よく聞きます。
あの曲は「終わり」の曲なわけですが(^^;)

さて。このSSはあるアニメもモチーフにしてるわけですが…わかる方はいるでしょうか(笑)

答えがわかった方はweb拍手かコメントへ(笑)~

スポンサーサイト
21:02  |  ネギま! SS  |  トラックバック(2)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/5-cf540d06

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

・ネギま! ニュース●ALN日記帳:ネギパ、「全員分終わってもまだ少し続きます」(5/30)●『「ネギまほラジお」ファンディスクDVD広告&第1巻ゲスト決定をご報告!』 [やくろあんてな]より●さよなら絶望先生キャスト
2007/06/02(土) 22:02:40 | 楓の箱リロLive対戦日記
6月1日。さんSS『車輪の歌』明石裕奈のSSがUPされています。良い話だ。最高。ネギま!Emotionさん魔法先生ネギま!大辞典ネギま!に関する様々な単語を募集とのこと。いつだってあさくらぶさん夕映に言
2007/06/02(土) 22:10:29 | ネギズ

▲PageTop

 | HOME |