--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.09.15 (Sat)

SS『秋音』

今日はネギま!占いを3-Aでやってみよう!は中断して…SSを投下してみたいと思います


今日は9月15日
十五夜だ!と思ってWikiを一応調べてみたらこんなんなってました↓


「月見(つきみ)とは、満月など月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも言う。

狭義には、太陰太陽暦(旧暦)の8月15日(十五夜)と9月13日(十三夜)の夜の月見を指す。旧暦の8月15日を「中秋」と呼ぶため中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ、ちゅうじゅう)ともいう。また、旧暦8月は、秋(7-9月)のちょうど中頃なので「仲秋」と呼ぶ、そのため仲秋の名月と表記する場合もある。グレゴリオ暦(新暦)での該当日は、8月15日 (旧暦)を参照。」

(ふろむ Wikipedia)




かんっぺきに過ぎちゃいましたね^^;

…そ、そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ(爆)!!
ところで私、これの元ネタ知らないんですが(爆)

今回はそういうことでお月見の話…いきます
続きからどうぞ
【More・・・】

今日は十五夜…
「お月見でもしたいね」
部活からの帰り道、なんとなく口にした言葉を裕奈はしっかりと聞いていて

「じゃぁ団子でも買いに行こう」

そんな、なんかロマンチックすぎて恥ずかしいよ、なんて反応が来ると思ってた私はちょっとびっくりしながら

「うん、買いに行こうか」
スーパーへと足を踏み出した




『秋音』




寮に帰って、ご飯を食べてゆっくりして…裕奈は口を開いた

「よーし、お月見!お月見!!」

―いつになく乗り気だな―

私は微笑をひとつこぼすと
「うん、じゃぁそろそろ…」
と窓辺へと移動した

窓は大きく、ベランダへと出ることができるが、2人は窓の内側…部屋側に並んで座った

そらを見る

あいにくの曇り…

「曇ってるね」

私がぽつりとこぼすと裕奈が「そうだね」と応えた



しばしの沈黙

聞こえる虫の声…

―いつの間に、せみの声から鈴虫の声に変わったんだろう―


確実に動いてる季節、
今まさに訪れつつある秋を感じてそっと瞳を閉じた
優しい暗闇があたりを包む

―目を閉じても確かに君が隣にいると感じる―


ふわぁぁ…


―この声は君があくびをかみ殺した声―

ふふ、と笑みがこぼれる

曇っていても、君が私の隣にいて、こんな優しい時間を共有できて…
それが何よりの幸せ


「あ、アキラ!」

その声に瞳を開く

「どうしたの?」

裕奈のほうを向くと裕奈はただ、嬉しそうに微笑んで窓の方を指差した


天を、仰ぐ


そこには、優しい光をたたえた月…

「よかった、見れて」

裕奈の表情が月明かりに照らされる

「そうだね」
やわらかく微笑むと、私は団子を差し出した

「でも、裕奈は月より、団子でしょ?」

私の言葉に少しだけ膨れると、裕奈は団子を私の手から奪って頬張った

そんな仕草ひとつひとつが愛しくて…

―来年も一緒に見れたらいいね―

心で思いながら月を見上げて、秋音を聞いた―


(fin.)



前に書いたSS、『夏』をちょっとだけ意識してみました
短時間で書いたので拙いところなどなどあるかもですが…^^;


最近、虫の声が夜になると素敵に響いてますね
聞いてて書きたくなったので書きました
裕奈とアキラは同室だといいな、という願いもこめつつ…

↓よかったら拍手お願いします↓





【拍手返信】

9月15日

>23:56 明日菜と美空は朝倉さんかぁ・・・メモメモ 一

はじっち、いらっしゃいませ(爆)
明日菜と美空は朝倉さんですね~
…なんとなく、正反対な気がするんですががが(爆)
はじっちも自分のをやってみてくださいw
朝倉だったらご報告を(爆)
スポンサーサイト
21:06  |  ネギま! SS  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/41-57fde41c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。