--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.18 (Thu)

【けいおん】律澪『かみなりのうた』

今日は関東地方で最終回?らしいですが、、その、私は動画サイトさんを頼みにすることにします…ちょっと体力ががが/(^o^)\

なのに、11話にもえころされそうになった私は、けいおんで、まさかの律澪でSS書いちゃいました\(^o^)/
先日、激しい雷雨があったのでそのときネタが降りてきました…(*´Д`*)

続きからどうぞ!
【More・・・】





これは、私たちがまだ小学生だったころのお話。



『かみなりのうた』



今日は家の中で何か小説を書いてみようと思っていたのに、その日も律は私を外へ連れ出した。
今思えば、じっと中で文章を書いているのは友達がいないからだと律は思ったのかもしれない。
……少し、失礼な話だ。


それは置いておいて。
だいたいのところ、連れ出された私は、最初は不服でも段々本気で遊んで、泥だらけになったものだった。
この日もまたそうで、むきになって追いかけっこをしていたら、ぽつり、ぽつりと空が泣き出した。

一緒に遊んでいた友達は1人、1人と帰っていき、律と私だけが公園に残った。


「おい、律ー。そろそろ帰ろうぜ」
「やだ」
「な」


頑なにその場を離れようせず、しゃがみこんだ律に普段と違う空気を感じ取って、私もまた、その隣にしゃがみこんだ。
ちょうど、滑り台の下だ、少しなら雨を防げる。


「どうしたんだよー」
「……笑わない?」
「笑わないよ」


笑って言うと「もう笑ってるじゃないかー」なんて少しむくれた後に小さな声で言うことには。


「今日、お父さんもお母さんも帰りが遅いんだ。
だから、一人で家にいたくないの」


小学生にもなって、そんなこと、そう言ってやろうかと思ったけど、あまりにも律の元気がないので、何も言わずに、ここで一緒にいてやることにした。




雨は激しさを増し、しまいには雷まで鳴り始めた。
大きい音やびっくりすること、怖いことが大の苦手の私は、雷が鳴るたびにびくり、と身をすくませては、視界が涙でにじんだ。


それでも帰ろう、とは言わない。
この子を一人ぼっちにさせたくないから。
そう思って、しっかりと律の手を握った。

何度目の雷だろうか、近くに落ちたと思ったら、


かたかた


何か小刻みに揺れる気配になんだろうと傍らをみると、揺れの原因は思いのほか、近くに見つかった。

律だ。

もしかして。
え、うそ、まさか。

「律…もしかしてお前、雷怖いのか?」
「うぇ!?」

びくっと小動物かのように身を震わせた律はそれでも気丈に胸を張って見せた。

「そ、そんなわけないだろ! そんなこと言って、澪の方が怖がりじゃないか。
お化けも暗いところもだめなくせにー」

精一杯、私をからかうことで、
怖いんだから無理するなとかばうことで、
怖い自分を隠そうとしている律に、私は気づいてしまった。


「それに、私がここに残りたいって言ったんだから、
私が怖がってちゃだめだろ!」


それじゃぁ怖いって言ってるようなものだ。
ぎゅっと手を握ってあげること以外に私にできることはないだろうか、そう思ったら、自然と歌が口をついた。

「かえるのうたがーきこえてくるよー」
「ぶはっ」

歌い始めた途端に吹き出した律をじろり、と見ると、
目の端に涙を浮かべて笑っている律と目が合った。

「失礼だぞ」
「ごめんごめん」

少しも悪びれない様子に少しむくれてすぐに笑って。

「一緒に歌おうか」

どちらともなくそう言うと、2人で歌うかえるのうたが雨を伝って曇天に溶けていくかのようだった



******



「そして私はこのとき確信したのだー!
澪はボーカルとしてやっていけると!
そして私はドラム、澪はベース&ボーカルで武道館を目指そうと2人で誓ったのだった!」

椅子の上に立ち、大演説を繰り広げている律に唯とムギは拍手を送った。
その様子を見て、私は頭を抱える。

「途中までは本当でも、誓った云々はでっちあげだろー!!!」
「えーなんだよ、あんなに熱く誓い合ったのにー」
「誓ってない!」

いつも律のペースはハイスピード。
でもまぁそれに巻き込まれるのも悪くないと、なれつつある自分がそう嫌いじゃない。


「やれやれ」

たくさんのおどけの中に少しの真実を交えて話す君。

だから。どれが本当なのかわからなくなる、

だけど、だから。
君から目を離すことができないんだ。


(fin.)

というわけで律澪、もとい澪律でした!
11話までの律澪もすごくいいけど…澪律もいい、というかもう、2人そろえばそれだけで(*´Д`*)

こんな関係な2人だったらいいと思います( `・ω・´)


↓感想いただけると励みになります↓




スポンサーサイト
21:02  |  その他SS  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/311-579270fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。