2007.08.28 (Tue)

185時間目 未来への出発点 感想

普段はコミックス派の私ですが、今回はなぜかマガジンを買ってしまいました…!
なんでだかは自分でもわからないのですが(爆)
今回、といっても今日は火曜日ですから、明日発売の分ではないです(汗)
明日書くと最新のものと紛らわしいかもなので今日がんばってあげます…!!


マガジン、これ以外だと買ったことあるのは裕奈主役の回と実写化キャスト発表の時でしょうか…
裕奈主役の回は絶対良かったと思うのですが…アンケートの結果が良くないという話はよく聞きます…

なぜだぁぁorz

…このままだと179時間目の話になりそうなので切って、続きから185時間目の感想です!

【More・・・】
ここで暴露しておきますが…
先述のように私、コミックス派なので185時間目の前がわからないという…(爆)
それなのに感想書こうとしてる自分にびっくりですが(笑)

とりあえず出だしから…

スタンじいちゃん∑( ̄口 ̄)!?

びっくりしました(笑)
8巻だかそこらへんからずっとでてなかったのにここででてくる…
けっこうネギまってずいぶんたってからその人物が出てくることがあるというか…

石化した村人を前に決意を固めるネギ

「一人で背負うなんて無理だし、それがわかるくらいには成長を…」

…10歳の男の子がそこまで悟りきっていいものかどうか!とか突っ込みを入れてしまいました(爆)
でも、それだけ重いもの、辛いものを乗り越えてきたんでしょうね…。。


そこで登場するアーニャ
私の中では19巻の最後に出てきただけなんですががっつりでてきてるんですね~
アーニャのお母さんのくだりは本気で泣きそうになりました…


そして帰宅途中をしっかり見てる人影…
出ていらっしゃいましたね!!裕奈さんww
19巻の最後の方のやりとり見てて裕奈とかはこの後の話絡めないのかぁとか思ってたので嬉しいです!
一応イギリスにいけそうだとは聞いてたのですが…


翌朝、魔法界に旅立つためにネギ一行がドネットさんに導かれて…


…?

ドネットさん!!!!?

ドネットさんがいるということは…なにかフラグがたった音がしたような…!!
でも、相手は赤松先生…油断してはいけない…(なにそれ(爆))

ここからのいいんちょが表情も台詞も含めとにかくいいです!
旅立つネギのこと、そして、「親友」である明日菜のことをすごく思いやってるのがわかって、自分的にいいんちょ株急上昇です!
特に好きだったのがこの2つの台詞…↓


20070828184827.jpg


「約束は守ります!」
表情とは裏腹に芯の強い素敵なところを見させていただきました…!
そして小さく「何年の付き合いなんですの」書いてあるのに深い信頼関係を感じました…!


20070828184840.jpg


…この台詞…やっぱいいんちょってショタコンというより、お姉さん、という感じがします!

その後のやり取りも明日菜といいんちょがすてきです…が…


20070828184742.jpg


これは一体…!?
ちょw明日菜、こういうこと言う人って大体いい目は見ない気がする…
気をつけていってらっしゃいませ…
って思ったら…

20070828184711.jpg


いた!!
裕奈!!(そこかw)
悪い子でよかったと思いました(爆)


人間は普通はたどり着けない異界に向かう、ということを説明するドネットさん…だけど…

20070828184657.jpg


…加えて同じページに

20070828184635.jpg


…これはどう捉えればいいのでしょう…!?


あ、コタロと古のコンビもいいですねw


そして最後のページ…

意外…とか言ったらアーニャファンの方にしめられるのでしょうか…(滝汗)
でも、アーニャってお母さんのくだりのところでも思いましたが、優しい子ですよね…!


というわけで初の試み、マガジン感想でした!!


↓拍手よかったらおねがいしますm(__)m↓






【拍手返信】

8月27日
>23:26 あああプリフェスのDVDが見たくてたまらないwww だけどどこにも売ってないorz

私も近くに売ってなくてそんな感じでした…!!
仕方なくお店に頼んだのですが「お盆の時期で遅れます」って言った割にははやく届いたので…もしかしたら注文したらいいかもです!!
見たら絶対こんな→(*´д`*)になりますのでがんばってください><!
スポンサーサイト
19:06  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/31-9bc27e4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |