2009.04.12 (Sun)

天地人 第15回 泣いた…

今レッドクリフを見ているんですが…金城武がかっこよすぎます…。。
全体的に血が結構出てて怖いんですが…三国志好きなので頑張って(笑)見ようと思います。

あと、久しぶりに天地人を見ました。
正直、前の5回分くらいをまだ見ていないので話の詳細は分からなかったのですが、、
とりあえず続きからどうぞ!
【More・・・】



まだ上杉の家督争いが行われていたのですね。
私はその争いの最初の方だけ見ていたのですが…ちょうど見たときが終わりの時だなんてびっくりしました。
今回で景勝対景虎の戦いに終止符が打たれたので…。

具体的にどんな流れかというと何かの流れで景虎の息子、道満丸を景勝に差し出すことで従順の意を表すことになったようです。
でもその道満丸が途中で何者かに襲われ、亡くなります。
この襲撃に関して、景勝は一切かかわってないし、景勝側の人間が何かしたわけではありません。


花姫と共に逃げ延び、鮫ヶ尾城に行き着きます。
でも、城主が裏切り、景虎の元の家である北条家からも見捨てられ、景虎はまさに四面楚歌の状態になり、ついに覚悟を決めます。
自決する、ここまで、という景虎に対し、景虎に従っていた家臣が去るときにひっそり笑っていたんですよね…これはやっぱり、景虎は何かしらの策略にはめられていたということなのでしょうか(あまり見れていなかったのでわからないところがここに該当するのかもですね)。


花姫と景虎の最期のやりとり。
遠くの戦の喧噪と2人のやり取りが切なさをさらに募らせます。
花姫が自害した後、やってくる兼継、道満丸に関して自分たちがやったのではない、と伝えると
「最早わしに人を信じ抜く力は残っておらぬ」
「悲しい戦いであったのう」
と言う景虎。ここでもう涙腺がぎりぎりだったんですが、自分のところまで真実を伝えに来てくれた兼継に対し、
「兼継、大儀であった」
といったところで涙腺決壊しました…。
兼継って私が見ていない間も1回につき1回は泣くってキャラだったんでしょうか…でも、今回は泣いていいような…。


これで第15回「御館落城」終了、次回は第16回の「信玄の娘」です。



スポンサーサイト
21:42  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/281-41d24e0d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |