2009.02.22 (Sun)

「八月のシャハラザード」を見てきました/拍手返信!

昨日は笹川亜矢奈さんも出演されている演劇「八月のシャハラザード」を見に行ってきました。

とにかくすごかった…。
今までライブやら朗読ライブやら、もちろん亜矢奈さんのもだけど、他の人のもたくさん行ったのに、今回のが1番迫力あったかもしれません。

朗読じゃなくて、演劇。
実際にアクションシーンまである動きを目の前で見れるわけですから、そりゃ迫力が違いますよね。
でも、それを通して、声優さんたちはああいう世界を声だけで表現してるんだからすごいとも思いましたが…という、前置きが長くなってしまいましたが、続きから演劇の感想どうぞ!
【More・・・】




演目は「八月のシャハラザード」。
演じたのはプラン・アクトゥールの方々です。
お話としては、シャハラザード号、という船があって、死んだ人はそれに乗ってこの世とは違う世界に行かなくてはいけない。
船は1日に1回、朝に出航するんですが、水難事故で死んでしまった天宮亮太(主人公?)がこの世に未練を持っていて逃げ出すところから始まります。
それを案内するのが案内人の夕凪。
亮太に苦労する夕凪の姿に会場からは笑いが漏れました。


亮太の話と強盗事件の犯人・川本五郎の話が序盤はずっと交互にあって、それぞれの物語がバラバラに続いていくのですが、亮太と川本が出会うことで話が交わって一つになっていく様がすごくおもしろかったです。


亮太はコミカルな感じ、川本は悪人な感じが出ていて、その演技に引き込まれました。
それぞれ演じてらっしゃったのは藤原康弘さん、小磯龍哉さんです。

亮太の恋人役で、人前では明るく振舞うけど、一人悲しんでいるのが亜矢奈さん演じるひとみです。

亮太の芝居仲間に、強盗犯人の元仲間に、といろんな人が物語に関わっていくので、それを見ててもどんどん芝居に引き込まれました。
アクションシーンもかなり迫力ありました。


死んでしまった亮太はこの世の人たちにもう話しかけたり触ったりすることはできないのですが、川本とつながることによって、最終的に川本を通してこの世の未練・恋人に最期に言葉を伝えたい、ということを果たします。

最後の方の亮太と仲間の別れのシーンはもう、涙涙でした。
涙腺破ったきっかけは亮太の所属する劇団の座長さんの言葉。
「お前のこと、大好きだったよ!」
力いっぱい言う様に、一生懸命伝えようとする感が伝わってきました。

そこから恋人との会話。
抱きしめることができない亮太は川本を使って最後に抱きしめます。
川本が亮太とひとみに挟まれている様は確かに笑いを誘うところかもしれません。
でも、悲しい感が私にはありました。


最後の方ずっと泣いていたせいで、キャストの方とお話する時も泣いてしまいました(汗)。
亜矢奈さんには励まされてしまうし/(^o^)\
小磯さんともお話ししました。当たり前かもですが、役のときと違って穏やかな感じで役者さんはやっぱり凄いですね…!
亜矢奈さんの演劇を見るのは初めてでしたが、表情、仕草、どれもがしっかりしていて、また亜矢奈さんの演劇を見たいと思いました!もう、これは絶対!
あ、劇中のカラオケのシーンで亜矢奈さんが「Like a little bird」を歌ったときにはがっと身を乗り出してしまいました^^;


「八月のシャハラザード」には原作があるそうなので、今度読んでみようと思います( `・ω・´)






拍手返信です!

アポロさん>
返信遅くなってすいません^^;
麻帆良祭くらいまで読んでたのですか!しかも運動部4人組がお好きとは…仲間ですねw!
亜子の背中の傷は確かに気になります…赤松先生が傷がついたエピソードを明かすかどうかも含めて気になるところです><
裕奈もいいですよね!!一押しですw
私もアニメそこまで見る方ではないので、何か他にも見ようかな、と思ってはいるのですが、動き出せずにいます(汗)

コメントありがとうございました!
スポンサーサイト
09:26  |  雑記  |  トラックバック(1)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/244-31437dbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

■「6月1日。」さん「「八月のシャハラザード」を見てきました」 笹川亜矢奈さん出演の舞台「八月のシャハラザード」の レポと感想! ...
2009/02/22(日) 12:09:54 | ネギま!部屋(楊さんのページ別館)

▲PageTop

 | HOME |