--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.13 (Fri)

【アニメ】マリみて 6話 「予期せぬ客人」/拍手返信!

娘たまと喰霊のキャラソンをハードリピートしているじぇっとです。
おおお、やっぱいいですね、このあたりの歌はノリもいいし、聞いてて楽しいw

あ、今回はマリア様がみてるの第6話の感想です。
続きからどうぞー!
【More・・・】




柏木さんから電話…お母さんはずっと目の前で聞いてるのw?
マリみて6-1

柏木さんの電話内容は、瞳子がいなくなった、というものでした。
それにしてもお母さん、祐巳そっくりw


場所は変わって小笠原邸。
祥子のもとに令が来ています。
奈々のことを紹介してくれない由乃にやきもきする令ちゃん、祥子さまが出したケーキを話しながら
崩して粉々に…/(^o^)\
「ストップ」と言って令に抱きついた祥子はもちろん、これ以上ネガティブ思考にならないように
という意味もあっただろうけど、「これ以上粉々にすんなw」みたいな意味も…いえ、ないですねw

マリみて6-2


場所は戻って祐巳の家。
祐巳のもとに来る瞳子…祐麒、ぐっじょぶですねw

瞳子が去った後の「あんな子が祐巳の妹になってくれたらいいのに」というお母さんの発言に
「やだーお母さんったら何言うの」
と、本来なら「柏木さんがお婿さんになったらいいのに」の反応の正解例としてお母さんが提示した反応を祐巳がします。
柏木さんは「天敵」なわけだから仕方ないですね(笑)。
何より、瞳子は妹にしたい、っていう風に祐巳の中で変わっていくわけですし…。


また場所は変わって、薔薇の館。
クリスマスパーティの話、奈々を呼ぶ為に裏工作をする由乃。

「瞳子ちゃんと可南子ちゃんを誘うのを乃梨子にちゃんにお願いしたい」
という祐巳のお願いに拒否を示す乃梨子。
瞳子のことを思う乃梨子の気持ちは志摩子(は勘だとしても)もと由乃分かっていると思う。
わかっていないのは祐巳だけ、ですね、この時点では…。


1年生2人を誘いに行って、教室を去ろうとして、後ろを振り返ると一礼している瞳子…すごく印象的な
シーンですね。

といった感じで、6話おしまいです。
次回は「未来の白地図」…あのエピソードは結末が分かっているとはいえ、祐巳の立場にたっても瞳子の立場にたっても辛いですよね^^;



拍手返信です!
ヤンスさん>
レポ、お役に立ったようでうれしいですw
質問読まれた瞬間、どっと変な汗が出ました…「え、私!?」って…(笑)。
OAD2期、4本というのは嬉しいですが、スパンが長い上に、エピソードの連続性とかも気になりますし、何より、金銭的にヤンスさんと同じく私もまずい感じです/(^o^)\
マガジン買おうにも、すでに現時点でコミックから遠く離れた位置にいますし、また金銭問題が…となってしまいそうですよね^^;

コメントありがとうございました!




スポンサーサイト
09:00  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/239-2c089e9c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。