--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.25 (Sun)

真綾さんライブに行って来ました

奈々さんライブから連続して、昨日、真綾さんライブに行ってきました。
いわゆる、「目から汗が」状態になりながら見ていました。
ライブの話は、続きからどうぞ!
【More・・・】




…えーと…胸がいっぱいすぎて、何から書いていいのか分かりません…。
とにかく、全体を通して伝わってきたのは「等身大の真綾さん」ということ。
MCで語られる言葉はただライブが出来て嬉しい、というものだけではなくて、
「ずっとライブをしてこなかったのは怖かったから」
と語ってくれました。

怖い、と口にすることはすごく難しいし勇気のいることだと思います。
でも真綾さんは口にして、しかもライブの最後には
「ライブをやる度に出来ることが増えていって、みんなのおかげでライブが好きになりました」
と口にしてました。

この言葉を聞けただけでもあの場にいれてよかった、と思います。


「かぜよみ」のアルバムに関しては今まで十何年活動してきた、坂本真綾のあらゆる足跡が詰まってること、そして作る過程が本当に幸せでいっぱいだった、と語っていました。
真綾さんはやっぱり「表現者」なんだ、と改めて感じるMCが多かったです。


「トライアングラー」は生で聞くと迫力ありますね…。
「風待ちジェット」は前日の奈々さんの「JET PARK」と同じく、じぇっとだけに、聞けてよかったです(笑)。
「雨が降る」「Remedy」「奇跡の海」「風が吹く日」と私の涙腺に畳み掛けてきて、ぶわーっと自然と涙してました。
特に「風が吹く日」は自分の中でかなり好きな曲で、元気付けられるというか、なんというか…思い入れのある曲だったので、感慨深かったです。
それこそ、真綾さんも「私は私の道を生きて、表現したものがこういった曲で、みんな(お客さん)もそれぞれの道を歩んでいるけど、そこに少しでも共感するものがあったら嬉しい」という内容を語っていたように、真綾さんの音楽はそういう力があるんだろうなぁ、と…。
うまく言えませんが><


真綾さん自身を表している歌として「カザミドリ」をあげていました。
「書いていたら、一番自分らしい曲になってしまいました」
とは、真綾さん談。


アンコール前の最後の曲に「ユニバース」が歌われました。
スタッフさんが企画したサプライズ(青サイリューム)に、真綾さんが感動していてこっちも感動でした。
余談ですが、真綾さんはスタッフさんに「カザミドリを最後の曲にしたい」と語っていたそうです。
理由は前述の通り、自分らしい、と感じたからだと思います。
でも、スタッフさんに「みんなユニバースも聞きたいと思ってるんじゃないかな!」と説得されて、ユニバースのままだったらしいですが、「だまされた!」的なことを、サプライズを受けて言っていました(笑)。


そして、「ポケットを空にして」が最後に歌われる意味を知りました。
明日は特別じゃないし、みんなそれぞれがそれぞれの道を歩いている。
その日常という旅に戻っていくんだよ、と真綾さんのメッセージが込められているそうです。
I.D.会員さんはそのことも知っているようで…新参者の私には初めてのことでしたが、最後にこの曲を持ってくる真綾さんの気持ち、ほんと素敵だなって思います。
お客さん全員で合唱したのもまた、胸に響きました。


本来ならこの「ポケットを空にして」で終わりのはずだったのですが、真綾さんが「ユニバースで驚かされたから」と言って「お返し」に最後に「風見鶏」を弾き語りしてくれました(ちなみに弾き語り2曲目です。1曲目は「NO FEAR/あいすること」)。
ぶっつけ本番だから気にしないでね、といってましたが、そんなこと感じさせないくらい、素敵な弾き語りでした。



ほんと、行けてよかったです。
ライブ後はため息しか出ませんでした…。


こんな感じで、感想を終わります。

↓コメントありましたらどうぞー!↓


スポンサーサイト
10:18  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/225-dc5150da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。