2008.12.31 (Wed)

エーゲルSS 『Alternative』

昨日は冬コミ行ってきました!
…疲れた…けど、sakugoさんと回れたし、ハチヤさんのところにも挨拶に行けたしで、2回目の冬コミも楽しく過ごすことができました(*´Д`*)
ただ、やっぱり下調べ不足だったかな、と反省はあります><


さて、今日は昨日の宣言通り、エーゲルSSです。
少し前にお酒につぶれていた友人たちを見て思いつきましt

…ありがちかもしれないけど、こういうやり取りがあったらいいな、という妄想の産物です( `・ω・´)

続きからどうぞ!
※HP仕様はこちらからになります。
【More・・・】

「なぁ、エーリカ、飲まないか」

珍しく名前で呼んだ君の提案は、さらに珍しい内容で。
私は少し驚いた後、いいよ、と少し笑って言った。



『Alternative』



いつもと様子が違うことにはすでに気づいていたけど、今日のトゥルーデの飲みっぷりは半端なかった。

そんなに強いわけでもないのに、黒ビールをのどごしだけ味わうような勢いで流し込んでいる。

ついに電池が切れたように机に突っ伏してしまったのを見て、私は頬杖をついていた手をはずし、口を開いた。

「飲み過ぎだよ、トゥルーデ」
「……」

返答がない。
……まずいか?
寝てしまっているなら寝てしまっているでベッドに入らせなくては。
そう思って椅子を立ってトゥルーデの肩を叩いた、その時だった。

「……っ!?」

突然視界が回転した。
気づくと私はベッドの上に横になっていた。
落ちてくるグレイがかかった黒に気づいて、自分の上にいる人物を見る。
独特の垂れ耳と、しっぽ、そして魔力を帯びている体を見て、トゥルーデが魔力を使ったことがすぐにわかった。
トゥルーデは救いを求めるような目をしていて、それに私は心を締め付けられる。
それでも、言わなくてはいけない。
ふっ、とため息をつくと努めて笑顔を作った。

「何してるんですか、ゲルトルートさん」
「……っ」

私の言葉に、トゥルーデは我に返ったような目をした後、
「すま、な、い……」
瞳が揺らいで、そのままベッドに倒れた。
「しょうがないな……」
私はそう呟くと、そこにあった毛布をトゥルーデに乱暴にかけ、ベッドの傍らにあった椅子に腰掛けた。

すー、すー、少し苦しそうに寝息をたてる横顔を見つめて、思う。


-妹の代わり、のつもりなんだろうか-


ちらり、と今は伏せられた写真に目をやった。
トゥルーデの妹、クリスが怪我を負ってから1週間と経っていない。


-早く良くなって欲しい。
そうすれば、妹の身代わりではなく、私を見てくれるかもしれないから。
だからそれまでは……-


「身代わりでも、いいよ」

大好き、と愛しい人の耳元に囁いた。


(fin.)


最初にも言ったのですが、実際にお酒を飲んでつぶれている友人たちを見て思い浮かんだSSです(笑)
という由来は雰囲気ぶち壊しなのでさておき…黒ビールを最近(10月かな…)飲む機会がありました。
ビールは飲めないんですが、黒ビールであればのどごしがいいなぁ、飲めるなぁ、と思って、あえて黒ビール、と書いてます。
ちなみに飲んだ黒ビールはドイツのものでした…「カールスラント(*´Д`*)」と思ってしまった私は、ちょっと頭冷やしてきますね…(爆)

今日はあと1回更新できたらしますが、出来なかったら来年に回します><

↓コメントありましたらどうぞ><↓


スポンサーサイト
09:00  |  SW SS  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/208-d241dea8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |