--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.12.24 (Wed)

エーゲルSS『その細い肩を』

メリークリスマス!です><
街のイルミネーションがほんと綺麗になってきましたね!

今日はストウィチより、エーゲルSSです。
501に来る少し前のエーリカとゲルトの話です。
盆さんがこのSSに素敵な絵を描いてくださいました(*´Д`*)
掲載おっけーとのことでしたので、本文中に貼らせていただいています。

続きからどうぞ!
※HP仕様はこちらからどうぞ!
【More・・・】




『その細い肩を』


-失敗だな-

私は冷静に戦況を分析しながら飛行した。
傍らにいつもいる相棒……エーリカは今は少し離れた位置にいた。
一緒に出撃したウィッチたちは全員新人で、飛ぶのさえやっとの状態で、私の後ろに配置して私がシールドで守っていた。

実質、エーリカだけが攻めに入っていることになる。
それでも、エースにとってそんなこと問題はないというかのごとく、MG42の弾がネウロイに吸い込まれ、あっという間にネウロイは撃墜された。

無言で基地へと戻る傍ら、エーリカの表情を窺うと、目に見えて不機嫌なことがわかった。


***


「お前ら、何をしておったんだ!!」

どん、指揮官の拳が机を叩く。
私はただ、黙る。
傍らの新人たちが萎縮しているのを横目に見つつ、指揮官の次の言葉を待つ。

「だいたい、お前がついていながらなんという体たらくだ」
「……申し訳ありません」
ただ、それだけをひねり出す。


-新兵を練習もなしに送り出す上部が悪いんじゃないか-


それでも私が責を負えばこいつらに責が及ばないのなら安いものだと思っていた。
なのに。

「こんな新人を戦場に送り出す方が無謀だと思いまーす」
「「なっ…」」

私と指揮官の声がユニゾンする。
こいつ、エーリカの言葉に穏便に済まそうとした私の目論見は見事に砕かれた。

「貴様……自分の責任じゃないとでもいうのか!」
「そうじゃないよ。むしろ責任を感じているくらい。私がしっかりしていれば、
この子たちももっと訓練をした後に戦場に来れたんだろうし」

平然と言ってのけるエーリカに私も指揮官も唖然とする。


-確かに、戦況は厳しい。改善できなかった私たちにも責はある、しかし……-


「図に乗るなよ。誰もかれもがエースだ何だともてはやすわけじゃないぞ」

そう言われても引かないエーリカと、怒り心頭の指揮官の間に割って入る。

「申し訳ありません、閣下、私の監督不行届きです。よく言って聞かせますので、これで失礼させていただきます」

それだけ言い放つと、間髪入れずにエーリカを押し出しながら、指令室から出た。


***


指令室から自室へと向かう道、先を歩くエーリカの後ろ姿を見ていた。


-肩が怒ってるな……-


「何怒ってるんだ」
「怒ってなんかない」
「…怒ってるじゃないか」
「……トゥルーデが怒らないから、代わりに怒ってるの!!」
そう言ってさらに速度を上げて歩き出した小さな肩にくすりと笑うと、「待て」と言って、私はあとを追った。


-こいつはわかってるんだ、新人たちがたいした訓練もなしに戦場に送り込まれていることに。
僚機を落とさせない、その信条もあるだろう。
だからこそ、練習の足りない新兵を送り出す上部が許せないし、自分がそいつらの盾になろうとしてる。
こんなに、か弱い肩をしてるのにな-


気づいたら前を歩いていたエーリカの肩をつかんでいた。

「何さ」
まだ膨れた様子のエーリカは振り返って私の言葉を待つ。


-まっすぐに上部にもネウロイにもつっこんでいくお前を貴いと思うと同時に心配になる。だから-


「なんでもない」
コツン、額を叩いと歩き出すと、痛いーなんて間抜けな声が後ろからついてきた。


-だから、エーリカ、お前のことを私は守る-


細いからだが自由に風をまとえるように-

(fin.)


といった感じで、エーゲルでした。
史実として、エーリカのモデルであるエーリッヒは上層部に対しても意見をまっすぐに述べたらしいです。
秘め声CDで「フラウは私が守らなくては」という風に言っていたのはこのあたりが関係しているかな、と思います。

実は、このSSの続きも考えていたりします(笑)。
いつか載せられたら、と思ってます><

あと、このSSに盆さんが絵を描いてくださいました!

名称未設定 1のコピー00

エーリカの「代わりに怒ってるの!」っていう表情と、
ゲルトの「仕方ないな」って表情に(*´Д`*)←こんな風になりました(笑)

盆さん、本当にありがとうございました!


↓感想いただけると励みになります><↓


スポンサーサイト
11:00  |  SW SS  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/202-ebaf4105

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。