--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.12.23 (Tue)

喰霊12話 涙腺決壊

今日は「喰霊 零」最終話の感想です。
あれです、見た直後にこの記事書き始めたんですが、視界がにじんでやばいでs

…続きからどうぞ
【More・・・】





黄泉が追っ手をどんどん倒していくところから話がスタート。
全員斬り終わった後に黄泉がまた我に返ります。

喰霊12

例の少年に「殺生石は本当に融合したとき、君は欲望のままに行動する、そして世界を滅ぼすのさ」と言われ、苦しむ黄泉。
ぽとり、落とした携帯画面に映る幸せそうな神楽と黄泉の画像がひたすらに切ないです。

対策室の生き残りであるおっちゃんとナブーが神楽に合流し、黄泉までの道を邪魔するカテゴリーBの相手をします。
なんだろう、この2人残ってて良かった。
いなかったら映画版「X」みたいな気分になりそうでした(CLAMPの…ってわかりにくいですよね/(^o^)\)。

黄泉と神楽が対峙する前に、黄泉に謝る神楽に涙が…。
信じていたけど、信じる方向が違ったんですよね。
それに気づいてぽつりぽつりこぼす謝罪の言葉、
喰霊12-1

神楽「ごめんなさい、黄泉」
黄泉「もう遅いわよ」
神楽「それでも謝りたいの」
黄泉「私を殺す前に?」
喰霊12-2
ここあたりからBGMがやばいです。

やっぱり黄泉を斬れない神楽に、黄泉がひどい言葉をあびせます。
前回の土宮親子の会話が切なかっただけに、「黄泉…!!」と思いそうになりましたが、
黄泉が苦しんでいるのを前回も今回も見ているだけに、苦しくなりました。
しかも、最後まで見たとき、ここのセリフはどんな思いだったのかと…。

黄泉vs神楽の1回戦目はノリによって遮られ離脱します。
ノリと神楽の会話が…最初はわからなかったんですが、「俺を恨め」みたいに言って、10話で出てきた独鈷を地面に刺して去ったのって…
喰霊12-3

「俺は黄泉を殺すことができない。お前にお願いしたい」ということ…?
って知り合いに言ったら「ひでえww」って言われました。
で、ですよね、「黄泉をあの時殺せなかった俺の責任だ」という意味ですよね…!


そして、黄泉vs神楽2回戦が始まります。
黄泉「覚悟できた?」
神楽「……あなたを殺す」
黄泉「おいで、神楽」
神楽「行くよ、黄泉」
戦っている最中の回想シーン・BGM・セリフ全部に泣きます。
喰霊12-4
喰霊12-5

……ふっきれた神楽が最後に独鈷を黄泉に刺し、黄泉が「私も大好きだよ、神楽」って…胸が痛い。

喰霊12-6

黄泉の殺生石に対する「欲望」「願い」は「神楽を守りたい」。そして、神楽の幸せを遮るものは、たとえ自分自身であっても殺してくれということ。
1戦目と2戦目の間であの写真が映った携帯に獅子王をつきたてるシーンがあるんですが、
それは神楽との思い出を断ち切るためじゃなくて…ある意味そうだけど、自分自身に突き立てていた、というのがここでわかって。

…だめだ、書いてて泣きそうになってきました。



話はいきなり2年後に飛び、病院。
室長と桐ちゃんが生きてました。
びっくり…すると同時に、「黄泉は一騎とナブー以外、対策室の人を殺さなかったんだな」なんて思いました。
ナブーはラングレンが殺したわけですし…一騎は…でもやっぱり殺したことに変わりはないですよね…。
桐ちゃんが記憶を失っているのにびっくりしましたが、その後で神楽&ノリの変わりっぷりにもっと驚きました。
喰霊は4巻くらいまでなら読んだことあるんですが、こうつながるとは…。


最後はともかく、喰霊はやっぱり切なかったです。。

↓一言ありましたらどうぞ><!↓


スポンサーサイト
09:00  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/201-947d1b28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。