--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.12.21 (Sun)

裕アキSS 『starting point』

最近外に出て歩いていたら「あ」と思うものがあって、それをSSにしてみました><
何を見たかはSSの後で(爆)!

ブログ振り返ってみると、ネギまSS書くのは何ヶ月かぶりみたいで…休みすぎた/(^o^)\
もともとはSSブログのはずなんですが/(^o^)\
最近、こう、うまく文章を表現できない感じでして…。。

えーと、とにもかくにも、続きからネギまのSSです。
どうぞー!
※このテンプレート、SS読みにくいかもです。でも、最後まで付き合ってもらえれば嬉しいです。
※HP仕様はこちらからどうぞ
【More・・・】




「初等部に遊びに行こうよ」

久しぶりの、部活もない完全オフの日、ちょうど同じくオフだった君のこの一言からその日は始まった。


『starting point』


「どうしたのさ、いきなり初等部に行きたいなんて」

ポテチを口にくわえながらアキラを振り返った。
今日の私は完全にスイッチオフのままで行こうと思っていたから、こんな感じで返したんだけど、

「何となく、行きたくなって」

あ、でも行きたくなかったら別に……と、目線をそらしながら遠慮がちに加える同居人にぷっと笑みをこぼす。

「いいよ、私も特に何か用事があるってわけでもないし」

そう言うと、ジャージから長袖のシャツとジーパンにスニーカー、上にジャンバーという出で立ちに替え、アキラと一緒に部屋を出た。


***


「うー……だんだん寒くなってきたね」

初等部までの道を歩きながら首をすくめた。

「そうだね」

ぽつり、こぼす君の声が優しく耳を打つ。

「水泳もオフシーズンになってきちゃったね」
「そうだね、温水プールだから冬でも大丈夫だけど、なんだか寂しいかな」
「そっか。あ、見えてきたよ」

初等部の門が見えてきた。懐かしいね、なんて感想をこぼした後にどこに行くのかと尋ねたら
「ついてきて」
真剣な口調で歩きだしたものだから、慌てて後を追った。




着いた先は、
「……プール?」
「うん」

屋外に設置されたプールは柵に囲まれていて、入ることができない。
アキラと言えば確かにプールだけど、と思って無言で横顔を見ると、アキラが口を開いた。

「ここは、私の原点だから。なんとなく、来たくなったんだ」

じっとプールを見つめるアキラをしばらく見て、
「入らないの?」
そう聞くと、
「や、閉まってるし……」
まじめな回答が返ってきたので、にかっと笑う。

「そんなの」
がしゃり、柵に手をやって、
「飛び越えればいい」
一気にジャンプして向こう側へと着地した。

「ちょっと、裕奈!?」
「気づかれなければだいじょーぶだよ」

私はへへん、と笑うとプールへと目を転じた。
初等部の時のアキラがそこに見えるような気がして、ふっと笑みをこぼすと、頭に軽く衝撃があった。

「こら、裕奈」
「えへへ」

いつの間にか隣までやって来てたアキラにはたかれたみたいだ。

「アキラだって柵超えてるじゃん」
「あ」

あまりにも間抜けな声に私が吹き出すと君もつられて笑った。



「あ、そうだ、私も行きたいところがあるんだけど」
「ん? いいよ、どこかな?」
「ついてきて」

さっきの君と同じせりふで誘導する。
着いた先は、
「バスケットコート?」
「うん」
満面の笑みで答える。
「懐かしくなっちゃって」

傍らに落ちていたボールを拾ってゴールに放ると、いつもと違う感覚と、ボールが跳ね返った音に苦笑いした。

「ゴール低っ! ボールちっちゃ!!」
「ふふふ……ほんとだ、ダンクできちゃいそうなくらい低いね」

アキラがゴールまで手を伸ばす。

「その分、裕奈が大きくなったってことだよ」
不意打ちに、恥ずかしくて顔が火照った。

「わ、私も、ここが原点だからさ、なんとなく来たくなったんだ」

紛らわすために再び放ったボールは今度はきれいなネットの音を奏でてゴールに吸い込まれた。


***


寮までの帰り道、すでに日が暮れかけていた。

「よっ、と」

縁石に乗って、両手でバランスを取りながら歩く。

「危ないよ」
「だいじょーぶ、だいじょーぶ」
アキラはそうたしなめるけど子供みないな真似を私はやめない。そんな気分だった。

「ねぇ、アキラ」
「なに?」
「いい休日だったね」
「うん」

そう答える君の顔が来たときよりもいい笑顔を帯びていたので、本当に今日は行って良かった、と心から思った-

(fin.)



というわけで、裕アキでした!
ずいぶんと小さく感じるゴールを前に、「こんなに大きくなったんだなぁ」なんて感慨にふけって以降、ずっと書きたかったSSです。

↓感想いただけると励みになります><!↓


スポンサーサイト
09:27  |  ネギま! SS  |  トラックバック(1)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/199-e0f3fe69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

〇冒頭のひとりごと 昨日は今までの蓄積疲労が一気に眠気となって襲ってきて、壮大に寝オチしてました^^; おかげで居酒屋玄馬ラジも楊...
2008/12/21(日) 15:37:08 | 杉原館長活動報告書

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。