2008.12.20 (Sat)

夜桜四重奏 12話 リベンジ!

1回書いたのにもう1回書き直すのって気力必要ですよね…。
でも、忘れないうちに、ということで気力しぼって書きます。
続きからアニメ・夜桜四重奏の感想です。どうぞ!
【More・・・】


ヒメvs円神から話がスタート。
一方でことはvs篠塚の戦いも繰り広げられていました。
ことは、いつのまに篠塚のところにいたの、とか思ったんですが、前回、列車砲をぶっ放したあと、そのまま離脱してましたね、そういえば><


恭助でさえ苦戦した篠塚を倒せるはずもなく、ことはが絶体絶命、という時に恭助&桃華が駆けつけ、
恭助&桃華&ことはvs篠塚の構図ができます。
マンガでの篠塚とことはのやりとりを見ているだけに、アニメでの2人のやりとりが切ないです。
「最初に射した光が円神だった」という篠塚に対し、「弱くて身近なところに逃げただけよ」と一蹴することはは強いな、と思いました。


今回の話は円神が触れているように「円神の怨念」vs「秋名たちの結束」で、
篠塚戦では恭助&桃華&ことはvs篠塚
円神戦では秋名&ヒメ&アオvs円神です。


円神戦の方はというと、マフラーを切られたヒメがキレて龍脈の力を伴って「大花火」を使って、咲いていた七郷の花を散らします。
(余談ですが、マフラーないヒメに違和感(爆))
秋名が円神を調律して町がもと通りなんですが…円神を「向こうの世界に送り返した」だけでまだ何の解決にもなってない気がします。
円神の言い分にも一理ある気がするし…「騙され、(向こうの世界に)送られた者の恨み」を考えると、円神だって被害者ですよね。やり方を間違えただけで。
しかも、調律されて消える間際にギンに一瞬戻ったのを見て、他になかったのかと思わずには><


マンガはギンと円神は違う結末になるんでしょうか。
今月22日が最新刊6巻の発売日なので、楽しみです。

↓一言ありましたらどうぞー!↓


スポンサーサイト
09:00  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/198-8d580268

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |