2008.09.09 (Tue)

「おしゃべりな天使たち これが本当の最終回」感想後半 ~朗読パート~

それでは感想後半行きます( `・ω・´)
へんてんの2回目・朗読パートの感想になります。
【More・・・】


<へんてん 2回目>
2回目はさらっと、役とセリフだけの紹介にします。

・亜矢奈さん
役:タクシードライバー
セリフ:「なんにも言えねぇ」

→すごくタイムリーです第二弾w

・藍里さん
役:友達が少なくて悩んでいる子
セリフ:「あなたとは違うんです」

・酒井さん
役:宝塚の人
セリフ:「きらっ☆」(ランカ・リー風に)

・井ノ上さん
役:DAIGO
セリフ:「甘い、甘すぎる!」

・圭一さん
役:小動物キャラクター
セリフ:「今夜は帰りたくない」


1番印象的だったのは、酒井さんw
キラッがわからないからと、SEEDネタ(主人公がキラ)を持ってくるとは…その発想はなかったですw


2回目のバツゲームは亜矢奈さんに決定w

さて、感想後半までひっぱったバツゲームの内容ですが…。
バツゲーム対象者の酒井さんと亜矢奈さんが一旦、ステージから消え、バツゲームのものに着替えている間に、会場では今までのバツゲームの内容が画像として流されました。
これを見て、「どんなバツゲームがくるんだろう…」と思っていたら…。

亜矢奈さん→ピンクのナース服
酒井さん→マーチングバンド?風なジャケットとウサ耳

すごくかわいかったですw
藍里さん「バツゲームじゃないじゃんw」
→確かにw亜矢奈さんも酒井さんもノリノリでした(笑)

2人が元の服に着替えた後、朗読パートへ…。


○朗読パート
今回の題名は『夏に舞う白雪』。
フミヒコやタカシ、アキ(ドラマCDを参照してください)がまた出てきます。

ユズ:亜矢奈さん
リノ:藍里さん
タカシ:圭一さん
レミ:酒井さん
フミヒコ:井ノ上さん

そのまま内容を書いてしまうのは、脚本をされた亜矢奈さんに対して失礼かと思い、
内容は薄い色の文字にしておきます。

・アキ(タカシの奥さん)がついに出産
・広告デザイン(タカシの仕事)の勉強をするフミヒコ
・随所にある、笑いどころ(ポニョとか、11歳じゃないwとか)
・悪魔の仕事は自分の意思で命を断った人を地獄へ導くこと。
→レミ役の酒井さんの演技に力が入っていてすごくよかったです。
・アキが出産の瞬間に大量のホタルを病室の窓辺に放つユズとリノ、
その計画立案者のレミは同時刻、交通事故にあったフミヒコのもとへ…。


…最後まで書くのもまた野暮かと思い、ここまでで止めておきます。
シリアスな話の中で、笑いの部分があったりするところ、
でもやっぱりシリアスな場面で演技が冴え渡るところ…。
全部が素敵でした。

ナナカナのお2人の最後の方のかけあいも絶妙で、命の大切さ、においてドラマCDのときとは対照的でした。

こういう感想を書くのは慣れていないので、変なことを書いていたらすいません(汗)。


朗読劇の後は泣いてらっしゃる方もいました。

しんみりした後で、休憩が入り、その後、ライブパートで盛り上がりイベントは終了しました。
ライブパートのくわしいことは、1個前の記事どおり、楊さんの詳しいレポを…w

こんな感じで、感想終わります><

本当に素敵なイベントで、参加することが出来てよかったです!


↓記事へのつっこみなどありましたらこちらからどうぞ!拍手だけでも送れます↓



スポンサーサイト
01:12  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/151-fa8652f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |