2008.08.29 (Fri)

「囁きの花束 ~ヒーリング・リーディング・ライブ~」 感想

8月24日(日)の「囁きの花束」という朗読会に行って来ました。
今更ですが、その感想を書きたいと思います。
ぎりぎり一週間経ってないとはいえ、もう記憶が曖昧なところが…。
でも、今回も一緒だったキリュウさんとネギまSNSのみなさんのおかげで、朗読会の後にそれぞれ印象に残ったことを聞いたので、それでなんとか…いけたらいいなと思いつつ(笑)。

続きからどうぞ!
【More・・・】

朗読会は13時から開始でした。
24日は山田みほさんが来ていなかった関係で、「法事」という題名のお話だけなかったのですが、
23日昼の公演は松岡由貴さんが、
23日夜の公演は佐久間紅美さんが来ていなかったので、どの公演も7話やったということになります。

24日の内容とともに、感想を書くと…
(素敵って言葉を連発してますが気にしないでください(汗)
あと、ネタバレを含みますので、CD発売を待ちたい方はお気をつけ下さい)


1、プレゼント
・笹川亜矢奈さん主役(注:今回の公演では声優さん1人に対して1話主役、といった感じです)
・厳格なお父さんと、いわゆる「今時の娘」の話です。
実家に帰らず、大学生活を優先して、厳格なお父さんには怒られるから会いたくない、みたいな。
でも、お父さんの優しさが最後には娘に伝わるんです。そこがすごく素敵で。
・お父さん役の山下亜矢香さんも厳格さあふれる演技で素敵でした。
・主役の亜矢奈さんのナレーションとセリフの切り替えに感動…。
・「お兄ちゃん」なまどかさんが素敵です(笑)。まどかさんは他の話でもおにいちゃん役やってるんですが、はまりすぎてw


2、サクラチル
・恒松あゆみさん主役
・声優業界で声優を目指す主人公と桜の精の話(ちょっと要約しすぎやも…)
・声優業界の大変さを感じた…。
・桜の精(松岡由貴さん)が出てきて主人公を惑わすんですが、最後のところで恒松さんと松岡さんの
熱のこもったかけあいに飲まれました。すごい。


3、初めてのピアス
・山下亜矢香さん主役
・元カノとの切ない話
・「おかけになった電話番号は~」のフレーズに笑うところではないのに笑いそうに…。
・山下さんの男役は男気があふれててよかったです。


4、きょうだい
・松岡由貴さん主役
・松岡さんもナレーションとセリフの切り替えがすごい…。
・ちなみに、松岡さんは8人の中で1人だけ男役が無いそうです。
・まどかさんのお兄ちゃん役第二弾
・急に後ろにいた緒方さんが前に出てきて&演じ始めてびっくりしました!
(それまではお話の間に歌を歌ったり、鍵盤ハーモニカ吹いたりしてました)


5、ハトのエサ
・木村まどかさん主役
・ヘタレな彼氏とのお話。ちなみにその彼氏役は緒方さん。
・ハトのエサが本当に緒方さんの胸ポケットから出てきて、食べ始めてびっくり。
・聴き所はまどかさんの最後の方のシーン…女の私もどきっとしてまたびっくり。


6、ファミコン
・笹本優子さん主役
・ドロクエ(笑)をするおにいちゃんと妹の小さい頃・現在の話。
・笹本優子さんは妹役や弟役が多かったんですが、そのどれもがかわいらしくて素敵でした。
・亜矢奈さんの「きついお母さん」の役にびっくりしました。今まで声を荒げる感じの役を聞いたことがなかったので…。でも、いろいろな役を演じることが出来るというのはすごい、と改めて思いました。
・ちなみにまどかさんのお兄ちゃん役第三弾
・ネタのようで、最後がネタじゃない、そこが素敵。


7、遠距離
・佐久間紅美さん主役
・悩みを抱える友達との話。
・「明るい性格の主人公」が親友のピンチに際してどんどん焦っていく様が佐久間さんの演技で
すごく表されていて、聴いているこっちまで焦ってしまいました。


○挨拶
これで全7話が終了したんですが、この回が最終公演だということで、挨拶がありました。
ちょっとここ、おぼろげなんですが、総括すると…

まどかさんのキスの演技から派生して
・まどかさん「緒方さんファンの方、ごめんなさい、緒方さんの唇を奪ってしまいました!」
緒方さん「でも伊藤静(さん)は女性声優みんなの唇を奪ってるよ」


まどかさん、コメントするためにマイクのそばに立つ
緒方さん「マイク下げていいですよ」

大爆笑(笑)
ちなみに今回参加されていた方の中で、笹本さんも割りと小さい方だったので、マイクを自ら下げてました。


シメである笹本さんが
「今回後輩の中でも正露丸を飲んで頑張った人がいて……」
後ろでいすに突っ伏すまどかさん(笑)。
緒方さん「正露丸くさかったのはそのせいかw」


○全体的な感想
・まず、台本がどれも心を打ちました(私は台本とパンフレットを買いました)。
・演出も凝っていて、セリフにエコーをかけたり、くぐもった感じで電話の雰囲気をだしたりしていました。
・何より、出演者の方の演技に熱がこもっているのがこちらにもひしひしと伝わりました。
勢い余って、というか熱がこもって涙を流して演技している人も多かったです。
それだけの思いをもって演じてらっしゃるんだと思うと、もっと胸が熱くなりました。
ちなみに、壇上にはマイクが4本、後ろにいすが人数分置かれていて、出番で無い人は後ろのいすに座っていたんですが…涙対策としてそのいすの下にそれぞれタオルが置いてありました。
使ってる方、多かったです。


目の前で役者さんが演じている姿を見ることが出来て、どれだけの熱意を持ってやっているのか知ることが出来て。
そういう機会にめぐり合えて、そして体験できて本当に貴重な経験だったと思います。
この朗読会を主催した緒方さんを改めてすごいと思うとともに、
出演された声優さんたちに対する尊敬の気持ちが更に高まった感じです。


最後に。
この公演はCDになって今年10月下旬~11月に発売されるそうです。
通販・アニメイト等での販売両方あるそうなので、ぜひ買ってください、
…と、緒方さんが言ってました。
緒方さんのサイト?からだとより良いそうです。

また、こういう機会があったら行きたいです。




スポンサーサイト
20:48  |  雑記  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jetgogo.blog103.fc2.com/tb.php/143-0df77e9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |